FC2ブログ

3日坊主

千葉県市川市、自宅の一室にてアロマサロンやってます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チビ、4歳くらいから何となく自覚はしていたバレンタインディ。
4歳、5歳は、いとこのひろちゃんからのクッキー、ママからのチョコをもらうことでウキウキ喜んでいた。

6歳の今年、、、妙に2/14を意識し、例年になく何だか楽しみにしている様子だった。
チビには「(女の子は)保育園にはチョコもってないでしょ~」と私が散々言い続けていた。

当日・・・保育園に登園するやいなや・・・
「チビ君、はい!」とレインボーちゃんが差し出してきた。
「ありがと。。」とチビ、ニヤニヤ?ニッコニコで引き出しにしまう。
その姿に笑えてしまった・・・。

夕方保育園にお迎えに行くと、、、わおー沢山頂いてました。
お手紙つきだったり、可愛い手作りだったり、、、私が感動しました。
本当にありがたいことです。

20110214.jpg

「ホワイトデーにあめを買いたいから」と、早速昨晩より食器洗いのお手伝いをしお小遣いをせがんでいました。
3/14は、チビより心をこめてお返しさせて頂きますね。


サロンはこちらから
自然療法リラクゼーションサロン アロマ日和
「女子飲み編」

先週金曜の夜は、ママ飲み(女子飲み?)決行!
昨年夏より半年ぶり、チビ産まれてから通算2度目の夜遊び。

そもそも、2週前あたりに保育園友のパパ達4名で一泊熱海ゴルフにいったことで、ママ達も飲みに行こうという話しになりまして。

らいある&チビを早めに保育園お迎え、我が家にて風呂~夕飯までを済ませ、らいある号でらいあるパパ(カネゴン)を都内にお迎えがてら子供達を車ごと引渡し、我々2人は築地へ出動。
パイロットワちゃんとも無事築地にて合流。
チビは、らいあるちゃんちに初お泊り。

向かった場所はこちら。
保育園OB保護者がやっておられるバー。
so-bar sakuma
20110210.jpg

オシャレなバーです、ドリンクもおつまみも〆のおソバも、どれも絶品でした。
女子会、飲んだ飲んだ・・・久しぶりにふらふらでした。
もちろん朝早の私は眠い・・・パパに連絡もせず爆睡してた・・・。

みんな近所のため、帰りは車で送ってあげるとのマスターのお言葉に甘えてしまいました。
久しぶりの夜遊び、翌日は頭も身体もふらふらでした。
チビもらいある家でお泊りが出来て嬉しそうだったし、どうやら本人の自信にもなったよう。
チビと一緒に3時間の昼寝し、夜も早寝し復活。
たまにはこんなことをしてみるのも楽しかった。
お世話になりました皆様方、どうもありがとう!!

・ ・ ・

「自家製味噌作り編」

昨日日曜に実行!
10キロを予定していたけど、一度には到底無理だと判断。
半分の5キロを仕込みました。

朝5時から大豆をコトコト煮て・・・。
潰して・・・
パパ、チビも手伝ってくれました。
午前中には仕込み完了!
残りの5キロは気が向いたらまた来週。
出来上がりが楽しみだな~。

20110213_1.jpg 20110213_2.jpg 20110213_3.jpg

サロンはこちらから
自然療法リラクゼーションサロン アロマ日和
昨日、初めて納豆巻きにチャレンジしてみました。

えーと、笑わないでくださいね・・・作った全てお見苦しい写真をあえて掲載させていただきます。

順番的に上から作成・・・
20110209.jpg

1本目・・お米も納豆も足り無すぎた。遠慮しすぎ
2本目・・お米も納豆も入れすぎた。やりすぎ。
3本目・・まだ入れすぎ・・
4本目・・お、ちょっと感覚がつかめてきた?
5本目・・なかなか楽しくなってきた?
6本目以降・・形もちょっといいかんじ?

てな具合でひとりで巻きまくってました。
ひき割り納豆だけに、ねばねば対応もなかなか大変でした。

チビと食べた感想は、、、納豆についてるタレは全ていれたけど味が薄かった。
ご飯が少し固め、次回は分つき米モードで炊飯しよう。

チビは、「今度はボクも一緒に作りたい!」と言っていたので、これまた週末にやってみます。
いつの日かヒトサマにお出しできるよう精進します。

あまりにもやらなすぎた年月を埋めるかのように、初めてのこと続きで自分でも笑ってしまう毎日。
40の手習い、気付いた時がきっとチャンス。
日々楽しみながらやってマス。

・ ・ ・

そして今週末に10キロの味噌を仕込むべく、材料を調達している真っ最中。
状況はこんな具合。

●大豆  
 松戸の南部市場にて3キロ購入
●塩   
 同上
●米麹  
 先生お勧めのお店を紹介してもらい電話注文、明日到着予定。(米麹で味が全く違ってくるんだそうです)
●保存容器
 プラスチックか陶器か散々迷った挙句、プラはやっぱり環境ホルモンが心配、だから陶器製の9ℓ甕×2個をネットで注文してみた。本日到着予定。

味噌ってこれだけで作れるんです。
週末が楽しみです。

サロンはこちらから
自然療法リラクゼーションサロン アロマ日和
昨日は、桜新町にて行なわれるSAFARIセミナーに参加してきました。
前回はこちら。→ 2010年11月25日セミナー

今回の講師は、、、グリーンフラスコ代表 林真一郎先生
緑の医学」がとても有名。
ハーブやアロマ界を代表される先生です。
林先生を少人数で囲めるなんて夢のようなセミナーが実現、ありがたいことです。

内容は「食と美容・健康効果」についてでした。
林先生、とっても気さくでユニークで、内容ももちろん濃い。
笑いのツボがありすぎて殆どの時間笑っていたような・・・。

美や健康を追求することは、やはり食べる内容がとても重要。
ものすごくためになるお話をじっくりお聞きできました。
いや~、面白かった。

交流会においても、また色んな方のお話が聞けた。
この場でお会いできることがすごい。
まさに一期一会。
充実した嬉しい1日でした。

・  ・  ・

そうそう、会場が桜新町ということで、、、桜新町といえば長谷川町子さんですよね。
少し早めに到着したので、「長谷川町子美術館」へいってきましたよ。

じゃーーーん。
20110208_1.jpg 20110208_2.jpg

実は私の実家には、サザエさん、いじわるばあさん、やじきた道中記、エプロンおばさんなどの長谷川町子さんの漫画が全巻(!)ありまして。
国語教師をしていた亡き父親が購入していたもので、子供の頃父親の本棚からこっそりとよく読んでました。
数ある書籍の中で漫画は長谷川町子さんのだけでした。

四コマ漫画の内容が本当に素晴らしく、ほのぼのしたのを覚えてます。
父のこと、この頃のことを思い出したひとときでした。

サロンはこちらから
自然療法リラクゼーションサロン アロマ日和
日曜は、きれいのたねにて行なわれたスローフード講座「手作り味噌イベント」に家族で行きました。

去年やってみたいと思い始め、ようやく味噌作りのこの季節がやってきました。
我が家は3人暮らし(普段はほぼ2人)ですが、年間味噌消費量が10キロ以上。
スーパーの味噌ではなく、大豆、麹、塩だけの手作り味噌を購入していたので金額もなかなか張りました。
だったら自分で作りたいという思いが募り。
待ちにまった当日!


きれいのたねのキッチン、美しいです。
きれいのたねキッチン

大豆をゆでる工程は先生が前もってやってくださっていたので、麹を手でばらす作業から。
麹

茹でた大豆を冷めないうちにマッシャーでつぶしていきます。
大豆混ぜる

それを麹と一緒にし良く混ぜていきます。
大豆と麹

アルコール消毒したタッパーにつめていきます。良く空気を抜いて~
ラップと穴あけ
真ん中にあな、これがポイントです。

その穴にお塩をもり、ヘリにもお塩を・・雑菌侵入防ぎます。
味噌完成

これで涼しい場所におき、8月くらいまで熟成を待ちます・・・・。
2キロお持ち帰りさせてもらえます。

2月中には材料を取り寄せて、10キロにチャレンジしたいと思ってます。

「お母さんひとりでやるのではなく、家族の年中行事にするといいわよ」と先生はおっしゃってました。
味噌はこうやって作るんだとわかると子供も全く食べ物に対する気持ちも受け止め方も違ってきますもんね。

イベントの終わりに出していただいた焼きおにぎりにたっぷり味噌(先生作成、1年もの)をつけていただきました。
チビは、味噌をもりもりにしすぎて、最後は味噌だけを食べてましたよ。
自分が作った後の味噌はサゾカシ美味しかったに違いない。

とてもとても楽しいイベントでした!
この味噌作りイベントは好評だったので(あっというまに埋まった)3月にも募集をかけたようですよ。
ご興味あるかたはぜひ。
きれいのたね


サロンはこちらから
自然療法リラクゼーションサロン アロマ日和
金曜の夕方からyoshi*とアガサとそれぞれの子供達と一緒にのり巻きパーティー!!

私はのり巻きを作ったことがなかったので、ぜひやってみたい~と思っており、yoshi*ちゃんに丁寧にご教授いただきました。

ママ達は真剣です。
巻き中

色々と贅沢な具たちで巻き巻き・・・。
やってみると案外簡単で楽しかった。

完成 子供達

久しぶりの夜遊び、女子トークも楽しかったな~。
いつもありがとう♪

チビ、今まで太巻きは私がいくら「美味しいよ」とすすめてもあまり喜んで食べることはありませんでした。
が、、、今回相当美味しかったらしく、日曜夕方のばばんちでも「食べたいものある?」と電話できかれると「太巻き」をリクエストしていたのでした。
私も作り方を覚えたのでぜひともやろうと思う。

明日の記事は、昨日自家製味噌作りしたことを書きます。
“食”ツナガリのありがたい日々です。

サロンはこちらから
自然療法リラクゼーションサロン アロマ日和
第一回目料理教室、行ってまいりました。

決して広くはない会場に、40名くらいの生徒さんたち。
年齢は・・16歳~60、70代くらいまで?
近所の中学生が2名、職業体験ということでも来てました。
開催場所は成城学園前なのですが、群馬など遠くから沢山の方がいらしてました。

20110203_1.jpg

みなさんの受講理由は様々でした。
ご自身がガンである方が数名、精神的に不調な方、ご家族がご病気中だったり、不妊、家庭不和、素直にお料理を学びたいなど、本当に色んな方がいらして正直驚きました。

東城先生の講義から始まりました。
お料理のことというより、普段の生活の大切さ、心と身体のこと、人生のお話がほとんど。
中でも口をすっぱくして仰っていたのが「女性は外に出て働いていたとしてもまずうちのことを第一優先とすること、手足を良く動かし料理洗濯掃除をすること(手を抜かないこと)、毎日をどう生きるのか、日々の積み重ねが大切」
書籍では何度も読んでますが、実際にお話を伺うと迫力が違います。

この会社には、末期がんなどや難病を患い、どんな療法も試したが最後は医者から見離された方が沢山相談にいらしています。
食事療法・自然療法を真剣にやっていったら、あんなに弱っていたのにまだ生きてるとか、ガンや難病が完治した・・という方が実際に沢山いらっしゃり症例も沢山あるそうで。
病気が治るということももちろんスゴイと思いますが、興味深いのがその方の心がものすごく変化していくということ。
人間にとって“病気”とは一体何なんだろうと考えさせられる事実です。

これから毎週、東城先生の講義は必ずあるそうなので、それはそれは楽しみです。


お料理教室の講師である米沢先生。
ご自身は末期がんで生死を彷徨った30年前。
ガンを隠してこの会社に入り、10年たってそのガンを完治されたんだそう。
東城先生に出会い根性を叩き直されましたと。
「病気治しじゃなく、根性直しをすれば必ず治ります」とおっしゃってました。
黒柳徹子の声、しゃべり方に良く似ていて、とても魅力的な先生です。

米沢先生の本も購入して帰ってきました。
帰りの電車では涙があふれてきました、沢山の苦しいご経験があり今があるんですね。
ワッハハ佐枝子のひまわり人生

料理教室・・実は料理を作る時間は実質1時間くらいでした。
もちろん栄養論的なもの、素材の扱い方なども教えてもらえます。
とにかくどの素材も大切にしていく(捨てる場所がない)のには驚きました。
皮も根も捨てない。
40人の料理教室でゴミが出たのがホントにチョットだけだったのです。
これには皆がガクゼンとしてました。

とにかく皆が手足を良く動かし、バタバタの中で作成。
やれることをやる、手のあいてる人が声をかけてやる、分からなかったらすぐ声をかける、みたいなそんな雰囲気。
最後は、綺麗に全てを片付けしたり、掃除したり(掃除機、床の雑巾かけ)、布巾までを煮沸消毒し干して帰ってくるということ。
講座がおわるまでに各自一度はトイレ掃除も体験いただきますとおっしゃってました。
それから、9:45までに来て下さいということでしたが、これを少しでも遅れてきた人には、助手さんがぴしゃりと注意したり。

いや~、とにかく面白かったし、興味深かった。
親にも教われないような大切なことを沢山教えていただけます。



健康でも美容でもあれがいいこれがいいと情報があふれている現代。

私も浅はかではございますが、これまで色んなものに触れてきました。
心にフォーカスしていくもの、身体にフォーカスしていくもの、運動法、精神論的なもの、技術やテクニック、素材の選りすぐり、様々な代替療法、様々なセラピー、スピリチュアルなど。
これらひとつひとつの世界を興味深く思ったし、私自身も沢山助けられました。
いろんな世界があることに、わくわくドキドキするし、本当に楽しい。
私が日々やらせて頂いてるアロマセラピーもとてもとても奥深いし、学びはまだまだ尽きない。
サロンワークも実は毎回勉強させてもらっている。

そんな時に出会った東城先生の本。
今までの学びや体験、全てことが、ぐわーーーーってつながって、私の心に響いてきたのでした。
これからがますます楽しみです。

 20110203_2.jpg

サロンはこちらから
自然療法リラクゼーションサロン アロマ日和
知る人ぞ知る「あなたと健康社」のお料理教室を受講することになりました。
実はお料理だけではなく、お料理を通して生き方を学ぶ教室なのです。

昨年は東城百合子さんの本を読み、昨年夏からは「あなたと健康」の小冊子も購読し始めました。
東城百合子さんは自然療法や食事療法の先駆者・大家でもありまして、この会社が運営しているお料理教室にも通ってみたいと思い始めていた矢先のこと。
お料理教室初級編の募集が冊子に掲載されており。

年末に申し込み葉書をだしていたら「受講のお知らせ葉書」が舞い込んできました~!
なにげに倍率も高いと言われています。
本日よりスタート、毎週木曜×12回(3ヵ月)に渡ります。
そのため、サロンのほうも毎週木曜はお休みとさせて頂きます。

これは「あなたと健康社」の小冊子にも良くかかれていますが、「出てきた枝葉(病気)で、根(心)を見る」ということ。
病気や不幸、災いというのは偶然なのでもなく、「根の如く枝葉は出てくる」ように、原因(根)があって結果(枝葉)として出てきます。
出てきた病気だけを治そうとするのではなく、根の状態を健康にしていくためには、今までの生き方、食べ方を改ていくことが大切。

料理教室に通うようになってから「料理が楽しくなった」、「体調が良くなった」、「家族関係まで良くなった」という方々が沢山いるんだそう。
料理と共に母親の存在の大切さ、挨拶の仕方や片付けなど、日々の生活の大切さを教室で教えてくださるそうです。
今、母の思いが消えかけている時代でもあり、恐らくどこへ行っても教えてもらえないような、実はとてもとても大事なことを教わってきたいと思います。

今年は、3月から“畑”もスタートします。
このお料理教室も含め「食べることの大切さ」を体験し学んでいく1年となりそうです。
人生における勉強は、尽きることなくまだまだ続いていきそうです。


・・こんな私の恐るべき変化に驚いているのは、旦那さんだと思います。
10年前は、出来るだけキッチンを汚さない(料理は作らないようにしよう!)、出来るだけ手間をかけない(電子レンジ生活でもOK!)といった具合に、とにかく面倒なこと(当時はそう思ってました)が大嫌いな私でした。
もちろんその時は、身体も自分の考え方も不調な日々が続いてましたよ。

アロマと出会ってからというもの、以降自分の中で色んな扉が開き始め・・こんなにも変わるものですね。
お料理教室なんて、正直一番興味がなく、とっても自分とは程遠いものでした。
ま~そのあたりも追々綴っていきたいと思います。

・ ・ ・

今日は節分。

チビの保育園では毎年恐ろしい鬼がやってきます。
今年はどんな鬼がくるんだろう・・とドキドキしているチビです。
「きっとOちゃんだよ(園長先生)やっつけてやる!」と強気の時と、「ボク、鬼の日は保育園お休みしたいな~」と6歳児の心は日々揺れ動いてます。

暦の上では、明日から春ですよ~。

サロンはこちらから
自然療法リラクゼーションサロン アロマ日和
ホームベーカリーでパンを作る時は、ホシノ天然酵母を使用してました。
一番安定性があります。
ホシノ天然酵母 [50g×5袋]ホシノ天然酵母 [50g×5袋]
()
ホシノ天然酵母種

商品詳細を見る


かねてから自家製天然酵母を作ることも気になっており、先日空き時間にパン教室に少し顔を出して作り方を教えて頂きました。

ただ今熟成中。。。
熟成に10日くらいはかかりそうです。
私はフタツキの発砲スチロールケースの中に酵母瓶と一緒に湯たんぽいれて温度を保っております。

レーズン酵母

天然酵母のお世話を生活に取り入れていくのは、慣れない最初はやはり大変なんだそうです。
でもこれが一体どうなるか見て見たいのもあり、ともかく初回の今回は頑張ってみます。
無事熟成しパン作りをしたら、またこのブログでアップしたいと思ってます。
もし何も触れてなかったら、失敗したと思ってそっとしておいてください(笑)


サロンはこちらから
自然療法リラクゼーションサロン アロマ日和
心の野球―超効率的努力のススメ心の野球―超効率的努力のススメ
(2010/06)
桑田 真澄

商品詳細を見る


レインボーちゃんのオススメ、「心の野球」を読んだ。

現役時代はダーティはイメージがつきまとった桑田さん。
でも実は・・・今だから分かることがあります。
実は沢山の努力をされてきたんだ。
だから今があるんですね。

野球のことだけではない、人として、そして生きていく上でとてもとても大切なことが沢山かかれてました。
桑田さんのようにこうありたいと思えた本。

これは是非みなさんに読んでいただきたい!と熱く語りたくなるくらいの
超超超オススメ本です。

・ ・ ・

そして今日から2月。
今日から少し寒さもやわらぐとか。
ほっとしますね。


サロンはこちらから
自然療法リラクゼーションサロン アロマ日和
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。