3日坊主

千葉県市川市、自宅の一室にてアロマサロンやってます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワタクシ、こちらの専属モデルになりました(笑)。

ルームウェア エコット

チビの保育園クラスメイトのAKIちゃんママが、去年秋からこちらのサイトを立ち上げ運営管理しています。
すごいパワーの持ち主なのです。
HPに商品UP、日々の更新やらがとにかく大変のご様子です。

私は時間に融通がきく自由業?なので、少しでもお役にたてればと思いAKIちゃんママと話をしていたら「モデルやって~」とのこと。
最初は「冗談?」と思ったけどどうやら本気のご様子。
撮影は我が家にて、差し出されるままに着替え、そしてポーズ。
このポーズがなかなか難しい!
普通どうやってポージングするのかしら?と悪戦苦闘。(スーパーチラシを見てみたり)
しかもこの照れ照れな性格なので、2人っきりの撮影でもなんだか気恥ずかしい。
しかし、、、段々と時間がたってくるとなかなか心地よく?なってきましたのよ・・・。
これは不思議です。

そしてそして、パジャマを沢山着させて頂きまして、私個人的なオススメ商品。
「綿100%スムース起毛やわらかパジャマ 」です。
こちら
着心地抜群、やわらかくってあったかくって気持ちいですよ。
普段の部屋着にも、そしてギフトにもお勧めです♪

AKIちゃんママ、これからもお互い頑張っていきましょうね~。


良かったらポチっとお願いします。応援ありがとうございます。
 ↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
「高校時代の3年間寮生活をしていた」というと、大抵は驚かれる。
どんな遠い場所だったのか?とか。

柏市にある高校で、自宅(実家)からは車で10分。
それなのに全寮制なわけです。

父親がこの高校の教師をしていたこともあり学費を免除だか割引きだかしてもらえるので、子供のころから自分はこの高校に行くんだと思っており。
全寮制だけに、全国は北海道から九州、はたまた海外からも集まってくるのです。
私立の学費+寮費+食費と、どえらいお金がかかることもあり、大抵はお金持ちのご子息。
我が家に関してはいたって平民の家庭だったので、夏休みと冬休みは自宅に戻れるからとにかく必死でバイトしまくってました。

寮生活は、、、いろいろありました。
卒業してしまうと、楽しい笑える思い出しか残らないけれど。

“親と離れられる”と喜んでいたのもつかのま、上下関係がとにかく厳しく、そして寮生活の決まりごとになれることや寮での仕事(1年だと特に)を覚えることが大変でした。
どうしてもあわなくて退学してしまう子もいたり、脱走してしまう子もいたり。
ホームシックになって夜な夜な泣いてる子もいました。

私もそれなりに楽しんではいましたが、分刻みのスケジュールで気を抜くことが出来ず、1週間の便秘は当たりまえ、高校2年になったら腹膜炎寸前の盲腸になったり(ストレスです)、身体がしんどかったな~。

でも、ホント色んなことを学びました。
今でも親しくしている友人達と集まると、この3年間の出来事をよーく覚えていて、アホみたいに笑いあってます。

私が25歳くらいになったあるとき、自衛隊の勧誘ビデオをたまたま見る機会があり、その中に自衛隊の寮生活シーンなんかもあり、私が過ごしてきた高校の寮生活に酷似していたのには驚きましたが・・・。

そんな特殊な高校でしたが、私が卒業して3年くらいたつと、“通学生”も導入しだし現在では寮生2割、通学生8割となっているようですよ。
やはり時代にそぐわなくなってきたんでしょうね。

とてもとても貴重な3年間なのでした。

: : :

今年で卒業して20年、11月に同窓会が行われる予定。
お楽しみで出席しようと思ってます。
皆どんなふうになっているかな~。

※今日から始めてみます。読んで頂いたらぜひポチっと押してみてください。
 ↓
人気ブログランキングへ
最近チビの家での流行り遊びの話。

ベイブレード」です。

簡単にいうと、ベーゴマの進化形。
お友達と対戦します。

大抵は保育園のお友達から情報を得てくるらしく、半年くらいの間「ゴーシューが欲しい」と不思議なことを言っていたんだけど、親は「なんだろね?」くらいで終わっていて。

私が同期会で夜不在の時、チビはパパと一緒に有楽町ビッグカメラに行って母の居ぬまに買ってもらってました。

保育園に行く前や、帰ってきてから必ず対戦させられます。
ちなみに「ゴーシュー」というのは、コマをまわすときの掛け声。(アニメでね)

ベイブレード自体が今かなり品薄状態で、ビックカメラでも「ひとり○点まで」とか、売切れコマも続出。

「運動会でカケッコ一等賞になったらベイブレードの新しいコマを買ってね」と父子で約束しておりました・・・。

今の一番のお気に入りの遊びです。

すっかり肩こりのつらさを忘れてます。
12歳くらいからずっと肩こりに悩まされ、、悩みの種でした。
現在は、身体が上手に修正されたようです。


肩こりがひどかったころ、旦那に毎日のようにガンガン叩いてもらったり、自分でトンカチや堅いもので叩いてみたり。
どうにかならないものかといつも思ってました。
つらいときは、運動したり、水泳したり、できることは頑張ってやっていたつもりです。
若干ラクにはなりますが、でも治りません。

肩こりや背中、腰がこわばるのはどうしてなんでしょうね?

人は警戒信号があると、身体が反応して緊張しはじめます。
緊張すると、身体の血液循環がうまくいかなくなります。
血液の循環が悪化すると、筋肉に酸素が行き渡らなくなり、乳酸などの老廃物が溜まり、その結果、筋肉が硬直して正常な筋肉の伸び縮みができなくなり、首こり、肩こり、腰こりに繋がってしまうのです。
筋肉中の疲労物質である乳酸が溜まると、不快感や痛みが更に増していきます。
こんな具合でスパイラルにはまっていきます。

“警戒信号”ってなんだろう?ということろなんですが、人によって様々な原因があるかと思います。

・ストレス
・長時間同じ姿勢の作業
・冷え
・目の疲れなどなど。
(原因はまだまだありますが)

これを一時的に解消出来ることも沢山あります。

ただ、根本的に解消するには・・・

自分の身体の声をきいてあげること。
身体が喜ぶ心地よい状態になること。


「今はどんな状態かな~」って、自分の身体にもっともっと興味を持ってあげてくださいね。
きっとこれだけでも随分変わってくるかと思います。

それから、トリートメントで「この状態は間違っているんだよ」って身体に何度も教えるべく修正をかけてあげること。
これによって身体が学習し始めます。

私はこれで20年来のつらい肩こりから解放されました。
当時は、こんな日がやってくるなんて夢にも思ってませんでしたよ、、、ホント。

: : :

ところで、私てきに最高の季節がやってきました。
おとといあたりから朝窓をあけると、ふんわりとキンモクセイの香りが。
マンション下のキンモクセイの木をみたら、蕾がうっすらと大きくなり始めてました。
町全体がアロマな季節。
わくわくします。


・・・キンモクセイの咲く時期は犯罪や事件が少なくなるという新聞記事だかコラムを読んだような気がします。キンモクセイアロマの効果でしょうか・・・

昨日はチビの七五三早撮りをしてきました。

お友達のらいあるちゃんと一緒だったので、チビは余裕の表情。
着物袴をはいてご満悦。
「暑いよ~」なんていってたけど、憧れの“剣”をもって撮影できたのがとにかく嬉しかったみたい。
出来上がったらUPしますね。

いつもは汚い格好なのに、始めての袴姿をみると。。。
「う~ん、ホント大きくなったな~」と親も感無量。

我が家、こういった撮影が初だったもんで最後に写真を選び、その高額っぷりにとにかくびっくりしました(泣)
「この後は、ラーメンでも食べにいくか~」とパパと話していたけど、あまりの衝撃でお隣のスーパーでラーメンの材料買っておうちで食べましたとさ。

連休中、予定通り待ちに待った山梨キャンプに行って来ました。
近所のお友達や、名古屋にお引越ししてしまったノブ、水戸のイッセイファミリーも含め総勢6家族で。
みんなは二泊三日、我が家は一泊二日にて参加。


うちのチビは初キャンプです。
我々夫婦もテントに泊まるのが10年ぶりくらい?で正直ちょっとどきどき。
家の中でも夜は寒い季節なのに、山はどのくらい寒くなるんだ?
チビの防寒具はどんなもんだろ?
行くメンバーの中でキャンプの達人が多数いたので“寒い”以外の不安は何もなし。
行きは25㌔の渋滞でありながらも4.5時間で到着。


まずはサントリー白州工場で工場見学へ。
ここがすごい!
工場見学したあとは、ウィスキー飲んだりジュース飲んだりできるのです。
もちろん無料。
緑がとっても多くてお弁当持っていったら1日ゆっくり過ごせそうな場所。(いいのか?)
水割り2杯飲んでとーっても良い気分。
サントリーカウンター
サントリー


それから早速キャンプ場に。
到着するなり、早速テント設営。
皆協力しあってあっというまに6つのテントが出来上がりました。
我が家はレンタルテントでしたが、皆の持ってきたテントや設備にほれぼれ♪
テント設営
テント完成


それからはお待ちかねのBBQ!
極上肉に、シーフード、野菜、どれも絶品。
はるママ持参の新米おにぎりも最高でした。
大人たちはコンロを囲み食べまくり飲みまくり。
BBQ準備
BBQ.jpg
新米おにぎり


子供たちは、とにかく遊ぶ遊ぶ。
朝5:30くらいから起きだして虫採りに行ったり。
池に落ちたり泳いだり。
自然と沢山たわむれました。
子供達


朝食後、今度はシャトレーゼ工場見学へ。
ここもなんと!アイス食べ放題でございますよ・・・。
すごすぎます。
シャトレーゼ


その後は温泉に行きまたキャンプ場に戻り、昼食作り~夕飯まで延々と食べ続けながらひたすらまーったりしておりました。
これがキャンプ醍醐味なんだろうな~。
日常生活を離れテレビも何もないところで、ぽーっと出来ること。
なんとも贅沢な時間。


幹事をつとめてくれたトワママ、本当にありがとう!
短い時間で色んなことを考えてくれたり取りまとめてくれたりと本当に大変だったかと思います。
そしていつものメンツの皆様、変わらずで最高です。
そして毎度みんなに頼りきりですみません。
感謝です。


チビに感想を聞いたところ「山、また行きたい~!」と言っており。
たった1泊2日だったのに、1週間くらいいたようなそんな時間の流れ方の感覚。


チビのキャンプデビューは最高でした。
しばらく余韻に浸りそう~。
GW並みのスペシャル連休の始まりですね~。

新型インフルやら、季節の変わり目の風邪やら、渋滞、人混みなどに気をつけて
皆さま楽しい嬉しい連休をお過ごしくださいね。
連休関係なく、お仕事の方は本当にお疲れ様です。

私は1日がっつりとスクール(トレガーアプローチ入門編)に、一泊二日で山梨にキャンプに、最終日はチビ5歳七五三の早撮りが待ってます。

イベント目白押しでわくわくしてます。

*********

すっかり寒くなってきたので、毎日ハーブティを飲んでます。
本当にうまくバランスをとってくれるな~と実感してます。
これからの時期、ハーブティはオススメです。
ハーブティ

チビの昼寝なしが続いているため、19時就寝の私はかなりおかしな体内時計になりつつあります。
う~ん、私にとってみたら朝なんだけど、どう考えても夜中ですわね・・・↓
昼間にどうしようもなく眠くなったりするので困ったもんです。
朝夕、必ず何かしらの料理にいれているネギとショウガ。
身体を温める作用、抗菌作用、免疫力UP。

チビ、小さい頃からの慣れか、生姜の味にはめっぽう強いです。
うどんにたっぷり生姜をすりおろしても「からい~」といいながら、ふはふは食べてます。

毎日食べたものがその人の身体や精神を作っており、サプリや薬を飲むよりも毎日の食事を大切にしたいなと思ってます。

人間の歯の並び方を見ると何を食べたらいいのかが分かるんだそうですよ。
人間の歯は、臼歯20本、門歯8本、犬歯4本
となると、穀物5:野菜2~3:肉or魚1(動物性のもの)が一番理想的なんだそう。

ちなみに肉食であるライオンは全て犬歯です。
そろそろパン用小麦粉の在庫がなくなってきたので、先日発注、昨日ようやく到着しました~。

ハルユタカブレンド」2.5㌔×4袋。
DSCN1635.jpg
合計10㌔、意外とあっというまになくなります。


ともちゃんから教えてもらったハルユタカブレンド。
“ハルユタカ”とは北海道産で幻の粉とも言われてます。
ハルユタカ100%は、原料事情によりなかなかお目にかかれません。
ただ、ハルユタカブレンドでも、かなりもっちもちのさっくさくに仕上がります。

最初10回くらいはイーストを使ってましたが、天然酵母の味を知ってからは以来ずーっとコダワリ続けてます。焼き上がりまで7時間かかります・・・。
しか~し!仕上がりの風味や香り、味が全く違います。
使っているのは「ホシノ天然酵母パン種
『日本古来の醸造技術を応用し、米由来の酵母を国産小麦、国産減農薬米、麹、水でゆっくり育てパンに熟成の旨みが出るのが特徴。』 ホシノ天然酵母パン種HPより
昔の人の知恵はすごいな~と感心させられます。

息子はレーズンパンが大好きなので、「オーガニックカリフォルニアレーズン」を。
おやつ代わりにもパクパク食べてます。
オイルコートされてないので自然の味。私も大好きです。
DSCN1636.jpg

こんな感じのパン材料達。
相変わらず天然酵母食パンばかり焼いてますが、不思議と飽きません。
毎朝幸せ感じます。

ちなみに私が取り寄せているのはこちらから。
こだわり食材 ㈱ナチュラルキッチン
月曜にチビを保育園にお迎えに行くと興奮気味で
「今日はお昼寝してないよ」と言った。

母「どうしたの?」と聞くと
チビ「先生と喧嘩した」
母「?????」

張り出してある先生からのお手紙の掲示と、チビの説明で起こった出来事が分かってきた。

給食の前に先生がいつも通り「お片付けして~」というと
逃げる子、聞いてない子、更に遊び続ける子と、様々らしい。
これは毎日のことで、片付けはほとんど先生がしてしまうのだとか。

で、さすがに先生方も、、、どうしようか迷った挙句、
先生方の机の回りを片付け、あえて先生2人で給食を食べ始めたそうな。

子供達はびっくりして「どうしたの?」とか、「先生たちだけなんで?」と疑問だらけ。
「先生はお片付けしたから給食食べてます、皆はどうしたらいいかちゃんと話し合って」と。
すると子供達30人は集まって話し合いをしだしたとか。

子供代表「ごめんなさい」、「(片付け)ありがとう」
先生「謝ってもらいたくてやったんじゃないよ」

・・・さささーっと子供の輪に戻る・・・

こういうやりとりが2-3回あり。。。
給食はいつも12時からだけど、その日は話合いをいったん中断、13時からの給食。
給食後また話し合いを再開。
年少さんだけはお昼寝しにいき、年中&年長20人の話し合い。

ここにいたるまで、ああでもない、こうでもない、どうしたらいいの~と泣き出す子もいたそう。

子供達の最後の意見として
「片付けといわれたら、すぐ片付けます」ということで落着したそう。

先生方、本当にお疲れ様でした。
きっと給食の味も全く味わえてないことでしょう。

大人は子供に「こうしなさい」といってしまったほうがラクなところが多々あり、「子供達で考えてみなさい」と貴重な時間を下さったり、きちんと待っていてくれたのは本当にすごいことだと思った出来事。

翌日は子供達が「早く~!」と声をかけあって片付けしていたんだそう。
こんなふうして日々育てていただいてます。
ありがたいことです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。