3日坊主

千葉県市川市、自宅の一室にてアロマサロンやってます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土曜の夕方から、新卒で入った会社の同期飲み会がありました。
去年はチビが当日お熱出し、20:00くらいからの参加だったっけな?
今回は私が幹事に。

新卒で入社したのは20名、なんだかんだと10名近く集まり盛り上がりました。
この会社には誰も残ってません。
入社3~5年くらいたったころには恐らく半分以上は辞めちゃってたかな。
食品商社なんだけど、良く言えば堅実、でも同族色がかなり強い会社。

でも新卒入社してきた同期はみんな気が良くまとまりもすごく良かった。
みんな期待に胸ふくらませて、4月からの1ヶ月の研修もわいわいと楽しくすごし、その後各々部署に配属された後も、日帰り旅行やお泊りの旅行によくいった。

研修中には、1週間工場研修もありお菓子(チョコ、ビスケット)やゼリー工場に行った。
毎日飲み会で朝になると工場研修でグロッキーになっていたのも良い思い出。
結構この1週間がみんな印象深い。

人生の金星期(15-24歳)に出会ったメンバーだからなのか、、、。
一緒に過ごしたのはホンノわずかなのに、不思議と青春の思い出のように楽しい思い出ばかりが蘇る。
久しぶりに会う子もいたけど、入社後15年たったとは思えないほどすぐ話が盛り上がる盛り上がる。

「なんか安心するね~」という声も。
ホントその通り。
会社に希望を持ち、仕事のことで真剣に悩み同期の誰かに相談し涙したりなんてことも含め、なんだか毎日がキラキラしていた。
同期の誰かが辞めるというと、すぐ集合し熱く飲み語り合った。

ホント良いメンバーだったと思う。

だから今だにあっても皆ニコニコ。
夕方17時集合で夜23時すぎ解散。
あっというまの6時間だ。

また来年元気で会おうね~なんて話をし。
不思議と元気をもらいパワー充電して帰ってきました。

みんなまた来年!
楽しかったよ~。

: : :

関係ないけど選挙、民主圧勝しましたね~。
皆既日食の今年はワタクシこれが実現すると思ってました。
民主が特に素晴らしく良いとかでもないけど、自民にはかなり強烈な出来事だと思います。
すぐどう変わるわけではないけど、日本の政治が面白くなりそうですよね。
紆余曲折しながらも、少しづつでも良い日本になりますように。
スポンサーサイト
チビの朝ごはんは、ご飯と味噌汁or卵スープ。
この1年くらいずっとこれが定番。

それまでは、菓子パン、食パン、色々。。。

リズミカルボディ(R)セラピーを勉強し、朝食はご飯・味噌汁が良いと聞き、チビになんだかんだと文句を言われながらもご飯味噌汁に定着した。
最近はこれが普通だと思っているみたい。

ただ、私自身はチビよりも早起きしてるので、お楽しみのパン焼き機のパンをひとり先に頂く。

チビがおきたら一緒に朝食を。
私は味噌汁を一緒に食べる。




・・・・・昔の私は
ご飯を炊くことすら、味噌汁も一食に一回づつ作るなんて面倒だと思っていた。
全て時間の無駄だと思っていた。

でも今ではご飯を炊いたりすることも、一食ごとに味噌汁を作ることも全く苦にならない。
多分自分のリズムにしてしまったのだろう。

このブログを書くことも大切な日課、リズムとして何とか頑張ってます。


リズムを自分のものにしていくこと。
途中では面倒だな~と思ったり、もちろん出来ない時もあったりするけど、定着させ普通にできるようになるとこれがなかなか心地いい。

「チビの朝ごはん」のお題だったのにリズムの話になってしまいました。
失礼をば。
以前にも嬉しかったことの記事でのせさせて頂いたことがありますが。

月1でお越しいただいているバイト時代から(20歳から)のお友達のYちゃん。
5月からお越し頂き、昨日で4回目。

少しづつ嬉しい変化。

①確実に痩せてきている。(体重も、サイズも)
②流れの良い身体になってきて、排泄(尿、汗)がうまく出来るようになってきている。
③ながら食べのお菓子が無くても平気になってきた。
④1日5-6杯飲んでいたコーヒーが、1日1-2杯で平気に。
⑤アロマを始める前は色んなことへの興味がわかなかったが、今は自分の好きなことがでてきて行動力も。スポクラに入会、ヨガも始めてみた。

すごい、すごすぎます。
聞いている私が感動し驚くばかりでした。
これからの変化も本当に楽しみです。


これ・・・・
確実にいえることは、『』が変化してきてるんですよね。

強いストレスがあったり、それが長く続いたりすると、古い脳(本能を司る脳)はひどくダメージを受けます。
古い脳は、自律神経やホルモンバランスをコントロールすると共に、本能(食欲、性欲、集団欲、情動、記憶)を司っています。
この古い脳がダメージを受けると、正しい指令が出せなくなり、心身に色んな悪影響を与えます。
体温調節、排泄、食欲が狂い始めると、食べることが抑えられなくなったり、冷え性になったり、排泄できなくなったり、そうなると身体がどんどん太り始めたり・・。

この古い脳に直接働きかけるられるのが「香り」です。
視覚や聴覚ではなく「嗅覚」がポイントなのです。※視覚、聴覚は新しい脳(大脳新皮質)にまず情報がとんでいきます。
嗅覚(香り)だけが、この古い脳を元気にしてくれます。
古い脳を喜ばせてあげることが、自分がストレスに負けず元気に楽しく過ごせるポイント。

香りとトリートメント、恐るべしです。


以前書いた記事もご参考にどうぞ。

脳とアロマテラピー(本能)
脳とアロマテラピー(嗅覚)
脳とアロマテラピー(ストレスと癒し)
脳とアロマテラピー(生体リズム)
脳とアロマテラピー(最終編)
昨日は、<一緒にクラフト作り♪>の始めてのお客様にお越し頂きました。
何しろワタクシ初なもんで、正直どうなるかな~と。

アロマのこと、香りのことをほんのすこーしだけお話させて頂いたり。
あとは和気あいあいと好きな香りを選んでもらったり。

私は1対1は平気?だと思うのですが、皆の前でしゃべるっつうのがどうも苦手で・・・。
お伝えしたいことは本当に沢山あるんだけど、うまく言葉に出来ない。。。
あ~~。がんばれ自分・・と何度も叫び。
心残りは沢山あります。

でも、クラフト作りをしたあとの皆さんの素敵なお顔を見たら、何だかとっても嬉しくなりました。
お忙しい中、時間を作っていただきありがとうございました。

: : :

この2年間でインプットは沢山してきました。
インプットしてきた情報を自分の中で噛み砕いてお伝えしていければなと考えております。

大学時代、母校の高校に教育実習に行きました。
教壇に立つこと、そりゃむちゃくちゃ緊張しました。
人に教えることの難しさを実感しました。

ほぼ20年ぶりにその気持ちを思い出し、アロマテラピーインストラクターとしてひとりでも多くの方にアロマの面白さをお伝え出来るよう精進して参りたいと思います。
月曜は午後スクールに。
またまた新たな世界が開いてしまいました。

ずっと気になっていた占星学。
それにアロマテラピーがくっついているんです。
占星学とアロマテラピー

自分の出生した時間と場所のホロスコープも頂き、興奮状態。
星座のサインすらも分からない初心者に丁寧に教えてくださいました。


人の人生領域は星に例えられます。

●0~7歳   月   原始的、母親、無意識
●7~15歳  水星  子供、コミュニケーション、言語、好奇心
●15~25歳 金星  女性、感情、愛
・・・と続くのですが、今回は「金星」の香り。


日程があったこともあるのですが、金星は自分に欠落しているような足りない部分であると常々思っていたので敢えて今回の金星の香りを選んでみました。

人の金星期というのは、人生で一番感受性が豊かだったりします。
自分自身の金星期はどうだったのか、どういうふうに過ごしていたのかなど出席者ひとりひとりにインタビューもしていくと、ホロスコープ通りにいた金星からメッセージがあったり。
なんだかすごく不思議な感じでした。
生まれた星のもと・・・なんて言ったりしますが、これって本当ですね。

アロマテラピーで使用する精油達もひとつひとつ“支配星”というものがあります。
支配星が金星の精油というのは、やはり女性的な香りばかり。
ローズ、ゼラニウム、イランイラン、などなど。

最後は、自分の金星とつながっている星の精油をブレンドしたり。
自分のブレンディングとはまた違って、素敵な香りになりました。

星、宇宙、人はきっても切れません。
クラスメイトからお勧めされたこの本を購入して勉強してみようと思います。
はじめての占星術はじめての占星術
(2007/05)
鏡 リュウジ

商品詳細を見る


担当講師は、10年前から占星学の勉強を始めたけれど今だ自分のホロスコープとニラメッコしているしそうです。
それほど奥深いようです。。。
金曜午後は月1回のお楽しみ、宮川明子先生からだの自然塾へ。

名前は「アロマテラピーの学校」なんだけど、生きるとはどういうことなのか、人間のこと、命のことを学ぶことができ毎回刺激を受けて帰ってくる。

今回のテーマは、子供の「学齢期と思春期」のこと。7歳~15歳まで。
うちのチビはまだ5歳だが、これからの参考になるだろうと思って興味津々。

幼児期のこと、学童期のこと、思春期のこと。
親の役割について、親が子供に出来ること。
さらには自分自身の親子関係や兄弟関係を振り返るワークも。

親として一番大切なことは、生活習慣を含めたリズム作り、その子が生きていく上での当たり前の感覚(常識)を作ってあげること。

食事は家で作るとか、食べるときはきちんと座ってとか、親が人と話しているときは割り込むことなく待つようにとか、公共の場では静かにとか、子供は夜は早く寝るとか、常識すぎてどうでもいいようなことだけど意外とこれが出来ない世の中になりつつある。
子供は教えてあげるとちゃんと分かる。
昔では当たり前のことが出来ない便利な?異様な?世の中だけに、親も少し考えないといけないなと思った。

宮川先生の講義は、身体のことから、心のこと、教育のこと、子育てのこと、とにかく多岐に渡り聞いているだけでとにかく必死になる。
自分の中で消化するのもなかなか大変だ。
でも学びたいことがどんどん広がるし、すごく楽しい。
2009年東京マラソン、去年秋にエントリーしましたが落選。(10㌔で申し込み)
もちろん練習もしてませんでした。


そして、2010年東京マラソンエントリーが始まったと聞き、早速今年も10㌔でエントリー。
抽選結果は10月中旬に分かるとのこと。
万が一当選したら、そっから練習だ~。


去年は倍率8倍。
今年はどうなることやら。

申し込みの受付も今年はとても早く、8月末までです。
いちかばちか。
興味あるかた、まずはエントリーを!

東京マラソン2010
8/19(水)日経新聞夕刊にこんな記事が。

「外で遊ぶ子、早く眠る子、“自尊感情”高い傾向に」

外でよく遊び、早く就寝する子供は、自分に価値があると感じる「自尊感情」が高い傾向にあることが調査の結果分かった。
夢をもって前向きに生きるために必要な自尊感情、生活習慣や遊びの中で育つことが裏づけられたそうだ。
調査は福岡県内の小学4年生と6年生、中学2年生と3年生。

「自分の身体や生活を大事にしないと自尊感情は育たない。外で遊び、規則正しい生活を送ることが大切だ」と調査に関わった福岡教育大の教授はいっている。

: : :

これは子供に限ったことではないと思う。
リズミカルボディ(R)セラピーでは、早寝早起き、それから3度の食事を1番大切とする。

子供と大人は違うしね~と言っていても、大人でも長い間の習慣で身体や精神に必ず歪がでてくる。
生活リズムは便利な世の中だけに狂ってしまいがちだけど、自分が意識して改善していくことで
今よりももっともっと自分が生きやすくなってくるんだと思う。

気持ちや身体がしんどいという方は、まず<早起き&朝食>から始めてください。
これを3ヶ月続けることで必ず変わってきますから。
体癖のこと少しづつでも書こうと思っているのですが、自分的になかなか理解できてないようなので
この本を読んでます。

身体にきく―「体癖」を活かす整体法身体にきく―「体癖」を活かす整体法
(2007/10)
片山 洋次郎

商品詳細を見る


自分が該当する体癖はよく分かるのですが、身近な人を分析?してみたり色々とやってます。



この本の著者の片山さん、“整体”というのは、骨を正すことでもなく治すことでもなく、「共に響きあうこと」と言ってます。
すごくしっくりくるのです。

というのも、トリートメントをやり始めたときは「何とか治してあげたい」とか「この部分をラクにしてあげたい」という気持ちや「ここで一発!」みたいな気持ちがとても旺盛です。

でもそんな気持ちがあると手に余計な力が入ってしまったり、お客様の身体の声を聞き逃したりしがちです。
アロマトリートメントは治療ではなく予防です。
だから、その方がゆったりとゆるんで頂くことで、その方の生命力や回復力を取り戻すことができるのです。

トリートメントをしながら副交感神経ゆるゆるで自分も眠くなってしまう感じを大事にしたいと思ってます。
先日土曜は自分の先祖が眠っている谷中霊園へお墓参りに。
日暮里駅で母親と待ち合わせし、チビも引きつれ2年ぶりのお墓参り。

お墓参りをした後、すし乃池で穴子寿司の昼食を。
穴子は口の中でとろけてしまうほどふんわりやわらかく絶品でした。

その後、近くの履物やさんで竹皮草履にひとめぼれ。
DSCN1599.jpg
どうやら健康にも良いらしく。
フローリングで履いていると裸足でいるよりもとてもとても気持ちいです。
チビが下駄を買ったとき、私は草履が欲しいな~と思っていたのでとっても嬉しいです。
草履生活満喫しよ~っと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。