FC2ブログ

3日坊主

千葉県市川市、自宅の一室にてアロマサロンやってます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月から始めた茶道教室、月1回ペースで地味に通ってます。
昨日は2回目のお稽古。
実際何をやっているのかというと・・・

まず、玄関はいる前に「どら」を打つ。
それから、茶室に入る前の「つくばい(※)」のお作法をならう。

※つくばいとは・・・つくばい(蹲踞、蹲)とは日本庭園の添景物の一つで露地(茶庭)に設置される。茶室に入る前に、手を清めるために置かれた背の低い手水鉢に役石をおいて趣を加えたもの。手水で手を洗うとき「つくばう(しゃがむ)」ことからその名がある。
もともと茶道の習わしで、客人が這いつくばるように身を低くして、手を清めたのが始まりである。茶事を行うための茶室という特別な空間に向かうための結界としても作用する。(ウィキペディアより)


お稽古としては、「風炉の平点前」。
お部屋への入り方、お辞儀の仕方、歩き方、お道具を持っていく方法、順番。
ひとつひとつが始めてで戸惑いまくりですが( ̄Д ̄;;
先生はひとつひとつ細やかに何度も教えてくださいます。

ただただ感動するのは、ひとつひとつの動作や音にすべて意味があり、そして美しい。
風情がある、趣きがある。
『日本に(地球に?)生まれて良かった~!!!』と素直に思えます。

スピードや効率性ばかりを求めていた20代の頃は、きっとなんとも思わなかったことだと思う。

月1回、1時間くらいのお稽古ですが、とても気持ちが研ぎ澄まされ心が洗われます。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。