FC2ブログ

3日坊主

千葉県市川市、自宅の一室にてアロマサロンやってます。

この方をご存知ですか?
私は1年前くらいに知りました。

青森県弘前市に暮らしている85歳のおばあさま。
よく「おむすび」と一緒に語られます。

弘前市には「森のイスキア」という名の家がある。
30年以上の前も心に悩みのある人や病のある人たちに開放してきた家。
訪れた人達は、佐藤初女さんの作ったおむすびやおかずを食べ心がやわらかくなり元気になって帰っていくそうだ。
食事を提供し、その人の話しを聞く。それだけだそう。

「“おいしい”と感じたときに心が動きます。栄養がどうのこうのじゃなく、おいしいということが大切です。細胞が動き出すから」初女さん談。


佐藤初女さんの話は、食べることの話から、最後は生きることにまでつながる。
著書もいくつか出版されてるようだ。

何でも便利で容易く手に入ったりする日本で、手間をかけ美味しく食べることを日々おろそかにしてはいけないなとつくづく感じる。

最近では、おにぎりはコンビニで買うものだと思ってる小学生もいるそう。
添加物もりもりのおにぎりやサンドイッチを食べていたらココロもカラダもおかしくなってきますよね・・・。

スポンサーサイト