3日坊主

千葉県市川市、自宅の一室にてアロマサロンやってます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月、色んなことがありました。
会社を辞め、翌週からはカルテ用トリートメントの連続、そしてリフレクラスとセラピストクラス。

毎日ばたばたとしてるけど、ものすごい幸せを感じる。
私はバタバタがものすごくあってるみたい。
といっても、トリートメント中はゆったりのんびりと・・・・いたします。(するように頑張って心がけてます)

会社を辞めて身体がものすごく元気になりました。
PCを見る時間もかなり少ないし、都内への通勤、保育園への時間を気にしての送り迎え、しならい間に疲れが溜まっていたのかな。
毎週の実技の時に受け手の時には毎度寝入ってしまっており、先生からはいつも「みほぷりさーん、大丈夫ですか~」と言われ続けてしました。
会社を辞めた翌週からは起きてるではありませんか!
先生もびっくり。「どうしちゃったんですか~」なんて。

実技テストまで残り1週間。
それでセラピストクラスも終了。
テストは早く終わって欲しいけど、半年間の学校が終了するのはちょっと寂しいかんじ。
悔いの残らぬよう頑張ります。


スポンサーサイト
年始のブログでも書いていた占いサイトを今朝改めて見返してみました。
今年1年は絶対忘れなくないのと思ったのでブログにUPしておこうと思う。

星占い系テキストコンテンツサイト「筋トレ」より  




人がその個人の人生を幸福なものとして、満たす。
これが、今の時代、一般的に認められている
「善」
であり
「価値」
だろうと思います。
人を幸せにすると考えられているものが、
あたたかな家族や美しい恋人の愛情であり、
ゆたかな食べものや衣服、美しい装飾品であり、
安全な場所、健康、多くの友人等々
だと考えられています。

でも、ほんとう!にそうなのでしょうか。
2008年の水瓶座は
このような「幸せ」のステロタイプなイメージに
とても懐疑的なのではないかと思います。
なぜなら、
端から見たらとても大変な状況にあったり、
とても損な役割を引き受けたりしているのにもかかわらず、
その心は幸福感で満たされているはずだからです。

誰もが、できれば全ての時間を自分のために使いたいと考えます。
でも、一方で
誰かのために時間と労力を注ぎ込みながら
深い充実感を感じることがあります。
そんな充実感が
2008年の水瓶座を、満たしているように見えます。
2008年の貴方が自分のために時間を使えない、
ということではないのです。
というか、むしろ
貴方は貴方自身のために時間を使っているとしか
感じられないかもしれません。
でも、端から見れば
おそらく貴方は
貴方以外の誰か、貴方にとってとても大切な存在のために
時間と労力の大部分を
惜しげもなく注ぎ込んでいるように見えるに違いないのです。

何が損で、何が得か。
この感覚が2008年、水瓶座の中で大きく
ひっくり返るだろうと思います。
シャープな計算能力を有し、
客観的かつ公平であることを旨とし、
論理的で理性的であらんと欲する貴方ですから
2008年の自分が全く損得に疎くなってしまったことを
不安に感じるかもしれない、と思います。
それほど、貴方は誰かの犠牲になったり
誰かに献身したり、
そこまでいかなくとも、ある程度
誰かに力を貸すのです。
惜しみなく、無償で、
ただそれをすることの喜びのためだけに、
貴方の力が誰かの手に手渡されて
そこで生き生きと息を吹き返すのです。

かつて絶対に許せなかったものを
許せるようになるかもしれません。
自分に対して許可できなかったことを、
許可できるようになるかもしれません。
善悪の基準が大きく変わり、
今まで下らなく見えていたものが宝石のように輝き。
今までどうしても手放せなかったものを
手放すことができるようになるかもしれません。

このような「価値観の変化」は
大切な人たちとの、何らかの特徴的なやりとりからもたらされます。
遠い世界で起こっていることなら
簡単に論理で断罪できますが、
身内に起こることなら
軽々にいいとか悪いとか判断できないのです。
そして、どちらが寄り本質に近いか、というと
人間存在にとっては、おそらく、
後者の方なのです。
水瓶座は、常にものごとを広く高い視点に立って捉えようとします。
時に歴史的で
時に統計的です。
でも、2008年の水瓶座の視界は
マクロではなく、ミクロなのです。
でも、そこにこそ
重大不可欠な意味があります。
統計も、歴史も
生身の人間としての経験と価値観がなければ
何の意味をも持たない、単なる数字や文字の羅列にすぎません。
2008年の経験は、
水瓶座の世界に、新しい命を吹き込んでくれます。
かつて意味のない記号の羅列に過ぎなかったものが
2008年の経験を通して
新たな意味を持ったメッセージとして見えてくるはずです。


時期的なことを少し申しますと、
まず、年明け、
とてもあたたかい気持ちでスタートできそうです。
楽しいことやおもしろいことがたくさんあるでしょう。
2月は少し調子が悪いように感じられるかもしれません。
疲れが溜まっている人は
ここで一休みすることをお勧めします。
2月は一見、停滞しているのですが
水面下で大きな転機を迎えるときでもあります。
焦らず、冷静に、ゆったりと行動するとよい時期です。
3月から5月は仕事がとても忙しい時期です。
雑務に走り回らされる人も多いかもしれません。
雇用条件に問題があって、転職や異動を希望していた人は
この時期に状況を変えられるかもしれません。
5月から6月は、
パートナーシップに熱がこもります。
去年までに積み重ねてきたことの強度が問われるような
大事な時です。
本音でぶつかり合うことで、絆を強くすることができるでしょう。
10月は、重要なミッションがスタートする気配があります。
大役を拝命する可能性もありますが
前向きにチャレンジすることをお勧めします。
新しい扉を開くことができます。

愛情関係は、年明けから3月上旬、
とても情熱的な時期です。
2007年までのパートナーシップの構築の後、
お互いに「与えあえるもの」が
テーマとなっています。
特に、2008年は
「過去」
がキーワードです。
悲しい思い出や楽しい思い出、
お互いのバックグラウンド、出会う前のこと、等々、
まだ共有できていないことがあれば
それがカギとなって、関係が深まります。
さらに、お互いの欠点やどうしても不足している部分を
しっかり理解して、それを満たす方法を考える時、
どんどん絆が固くなっていくことでしょう。
都合のいいことや楽しいことだけでは
愛情は先に進むことはありません。
そういう「甘くて美味しいところ」だけを探している人には
2008年はつまらない年かもしれません。
格好つけている場合ではなく、
お互いに涙や傷を見せ合っていくことで
自立して相手と向き合う手だてが見えてきます。

2007年までの流れとくらべて、
2008年は柔らかな年と感じられるかもしれません。
このあと、2009年には「大勝負」がやってきます。
この「勝負」においては、おそらく
無償の好意を受け取らなければならない場面が多くなると思います。
そのための準備期間として
2008年の重厚かつ濃厚な人間的体験が用意されているのかもしれません。



2/8で退社したあとの2週間、なにげに忙しい毎日。
火曜、木曜は学校。
その他は、午前午後でボディトリートメント。
素敵な空き時間でもできるかしら・・・なんて思ってたけど以前と変わらずバタバタ。

実技試験もあと残り2週間。
口頭試問の勉強もしなくては!!!
実技をしながら先生が色々と筋肉、骨格、骨、技術の概要からを質問してくるらしい。
暗記暗記暗記、、、うわーーー無理や無理や。
手順を追って60分でなんとか終わらせることで精一杯なのに、、ホントどうなることやら。

この2週間で追い込みかけます。
がんばれ、自分。
玄米にしてみて半月たちました。
なんと!顔のアゴのブツブツがなくなりました。
多分玄米のおかげかと。


いままでは、白米に色々と穀物を混ぜていたりしたのですが、思い切って「玄米」だけにしてみました。
玄米は、稲の果実である籾から籾殻を除去した状態で、また精白されていない状態の米。
白米より、ビタミンやミネラルや食物繊維を豊富に含む。

一方「農薬・除草剤が糠の部分に残留する可能性が白米よりも高い」と玄米を否定する声もありますが、化学肥料と化学合成農薬を使用していないものを選んで購入。
『佐久平式水田養魚米』ってのを選んでみました。
田んぼの中に魚や鴨を泳がしたりし、害虫を寄せ付けないような生態系を人工的につくりだしているそうです。

自然回帰?風に我が家も頑張っております。
これからも身体がどう変化していくかちょっと楽しみです。

とうとう購入しました。
新車でっせ新車!















じゃじゃーーーーーーーん、ママちゃり。
DSCN0403.jpg






チャリンコはもともと大好きなんだけど、妊婦8ヶ月の時に乗ったらお尻を悪くしてしまい、その後出産でまた更に悪化、、、チャリンコなんて到底乗れない状態でした。


ようやく最近乗ってみてもいいかしら・・・と思えるようになり、新車購入。
これで晴れた日の保育園の送り迎え、これで出来るかな。
試運転のため後ろに乗せて走ってみたらチビは興奮しまくり、後ろで体重移動するもんだから、フラフラしてしまいました。


地球とお財布に優しく、自分の衰えている体力作りも兼ねて頑張ります。
坂道たっぷりの行き帰り、がんばるぞー

















いまチビが通ってる保育園では季節に応じて色んな遊びを体験させてくれる。

最近いちばん驚いたことは、カルタです。
いっちょまえに読み上げる言葉を聞いて、カルタをさがすということを
3歳児同士でやっているのをみて正直たまげました。
「○○君、前に出すぎ~」とかいいながらやっとります。
そして自宅では覚えたカルタの言葉をツラツラと言ってみたり。

1月にはこんなことを。
こま、福笑い、カルタ

普段はこんなことも。
わらべ歌、パズル、泥んこ遊び、裏の神社で駆けずり回る、寒い日でもお散歩、公園で走り回る

自宅では到底できないことや、昔ながらの歌や遊びを沢山体験させてもらって本当にありがたい。

:::

7歳までは「食べる」「寝る」「遊ぶ」この3つが真剣にできたらいいと思う。
とにかく本能を養う時期、7歳までは"忘れていく”ということが"成長力”につながっていくそう。
子供時代の思い出を、、、というと、大概楽しいことは忘れており、"辛かった”思い出を覚えているらしい。確かに自分もそう。

子供には色々な可能性があるし試させてみたいのはあるが、我が子が飛躍的に何か抜群になるとも到底思えないし、チビが「これをやってみたいから通わせてくれ」とお願いさせるまで放っておこうと思ってる。

自分自身、無理矢理2年間やらされたピアノがすごく辛かったこともあるし、塾に通いたくても家にはお金がないというのが分かっていて親にいえなかったこともある。

子供自身の自覚が出来たときに色んなことを始めるのも決して遅くないと思っている。
何しろ自分が社会人になってからの勉強のほうが面白いと思えるので・・・。
うちのチビは保育園児。
出産する前までは、自分は専業主婦になるんだと思ってました。

近所のママ友ちゃんで育休中の子がいて、職場復帰の話をしてるのを「なんて羨ましい・・・」と思っており、でも我が子を保育園に預けるということに抵抗する気持ちもあったのを思い出しました。

正直自分の中には、「保育園児」=「ママと一緒にいれなくて可愛そうな子」みたいな図式が出来上がってました。

近所の保育園が併設されている"子供センター”に週2くらいでチビをつれて通い始めて「保育園」のイメージが全く逆転。

①園舎は汚いけど園児達がすごくのびのび、イキイキしてる。
②先生方が感じ良い。
③少人数でアットホーム。
④給食も粗食で美味しそう。

単純だけど、これだけでこの保育園に預けて自分は働きたい~と思いました。

この保育園に入園できるまでに結果的には1年くらいかかりましたが、無事入園でき毎日無事に楽しく過ごさせてもらうことができて、先生方やお友達には感謝せずにはおれません。

日々成長するチビをみて、子供同士の集団生活と沢山の先生や近所の方、また送迎する保護者から沢山の愛情を注いでもらうことでスクスクと立派に育っていくんだな~と実感してます。

産んだのは自分だけど、みなさんに立派に育ててもらっている、ホントそんな感じです。
チビが親のものなんてのは大間違い、自分自身が子供を通して沢山学んで沢山感動をもらっているのは間違いありません。
子育ては親育てともいいますが、本当に毎日が面白いし勉強です。

これからも自由にのびのびと元気いっぱい育ってくれますように。
保育園にはいつか恩返しできたらいいな。

この3連休は久しぶりにまったりとゆるみ、気持ちは会社の思い出に浸っておりました。

今日から新たなスタート。
ある意味少しドキドキする。
全ては自分自身にかかっている。

今日午前は色々諸手続きを行い、午後はリフレクラス。
よし、新しい生活がんばるぞ~
私は幸せだと心から思う。
派遣社員がやめる、しかも二度目。
そっと会社を去れればそれで良いと思っていた。

身に余るほどの花束達、プレゼント、送別会、みんなからの励ましのお言葉。
大勢の方の前でご挨拶をさせて頂き、これからの自分の目指す道についてお話した。
特別な雇用でご迷惑を沢山かけたこと、会社生活がとても楽しく自分自身沢山救われたこと、これからアロマセラピストを目指すこと、いつかサロンをもてたらという夢。

沢山の出会いが有った。
ここのでの出会いも全て必然のように思う。

入社当初から最後の最後までお世話になったEマティとPちゃん、あなた方がいてくれたから私はこの場所にいることが出来ました。
沢山笑って沢山アホなことして本当に楽しかったよ。
これからも生涯ずっとつきあってきましょう!

OUTLETチームMリーダー、Kちゃん、O君、これからがますます頑張りどきですが、力を合わせオープンに向けてどうか頑張ってくださいね。くれぐれも身体にはお気をつけて。プレには顔ださせてもらいます。

TOSHINチーム、Mさん、NN子、少しだけど一緒に仕事できて楽しかったよ。
大変な時が続くけどくれぐれも身体壊さないでね。
3月落ち着いたらトリートメント待ってるよ~。

後任のOZちゃん、あなたなら全てを任せることができると確信してます。
人柄も仕事ぶりも素敵だよ。引継ぎという格好ではなくてもっと一緒に仕事してみたかったな。

そしてランチタイムの仲間達、個性キャラ勢ぞろい、心がとても和みました。
またイワタ弁当食べにいきます♪
それからトリートメントぜひ待ってます。
時間に余裕ができた人は必ず連絡くださいね、これは約束。


:::

送別会終了、夜中の1時に都心で胴上げをしてもらう。
こんなことは人生初。
最後なんだけど、これからもつながっていくだろう大切な仲間達。
だから涙はあえて流しません。
これからも末永く宜しくお願いいたします。

私はとにかく幸せモノだと思います。
人に恵まれた最高の6年半。
本当に本当にどうもありがとう。
心から感謝申し上げます。
・・・全く信じられません。

来週からも普通に会社行きそうです。
昨日は珍しく会社の夢をみました。

この会社で通算6年半、会社生活では1番長い時間をすごした。
本当に良い人達に恵まれた。
もちろん全てが良いときばかりではなかったけど、過ぎてみたら本当にキラキラした素敵な思い出ばかり。
たくさんたくさん救われた。
本当に楽しかったな~と心から思える。
今日は1日満喫してきます。

いってきまーす。

:::

来週から1ヶ月間は、自宅やクラスメイト宅でボディトリートメント練習に入ります。
実技試験(3/6)終了後は就活します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。